ほぼ毎日ある通学に耐える防犯グッズの素材

通学時の防犯対策として、どんな防犯グッズを持たせていますか?通勤時においても同様、毎日持ち歩くものとなるため、その耐久性も気になるところです。まずみなさん思い浮かぶのは「防犯ブザー」でしょう。何かあったときに大きな音を鳴らすことができ、助けを呼ぶことができます。防犯ブザーは、ピンを抜くタイプですと、子供の場合無くしてしまったり不意に抜けてしまったりすることもあるので、壊れにくいボタンタイプがおすすめです。防水機能が備わっていれば雨の日も安心です。そのほか、ランドセルカバーはつかまれてもカバーが外れるだけで、すきをついて逃げることができます。カバーが外れると防犯ブザーが鳴る仕組みになっているものもあり、低学年の子でも安心です。防犯グッズは毎日の通学通勤に耐えられる丈夫なものを選ぶようにしましょう。

通学・通勤時の防犯対策にGPSも活用

安全と言われる日本でも、痴漢やひったくり、連れ去りなど、通学・通勤時の不安はつきません。幼い子供や女性、身体の不自由なお年寄りなどを狙った犯罪は多くなる一方で、危険という認識をもっと強く持った方がよい時代です。小学生などには防犯ブザーが毎日持ち歩くのに最も適していますが、携帯電話やスマートフォンのGPS機能を使った防犯対策も使えます。遅くなった時にどこにいるのか、連絡を取らなくても分かるシステムです。ブザーもGPS機能についても正しく使えるよう日頃から家族での話し合いが必須です。どういうときに使うのか、防犯グッズに頼りきりではなく、防犯意識をどう持つかも大切です。できるだけ人気のない道は通らないとか、一人にならないとか、不審な人に近寄らないといった教育もいざというときに役に立ちます。

通学・通勤時におすすめの防犯ブザーとその使用法

中高生になると行動範囲が一気に広がります。通学以外にも塾などで帰り時間が遅くなることもあるでしょう。夜道を一人で帰らなければならないことも多くなり、通常の防犯ブザーでは心配という方に、大音量タイプなどもありおすすめです。また一見キーホルダーのようにかわいく小ぶりなタイプも豊富に出ており、アクセサリー感覚で身に着けられるものも増えてきました。暗い夜道に安心のLEDランプがついたタイプや、持ち歩きたくなる万歩計機能がついたタイプなどもあります。毎日同じかばんなら、つけっぱなしでもよいのですが、日頃からの防犯意識を高め、携帯電話のように持ち歩くことを習慣にすることが大切です。そして持ち歩く時には鳴らしやすい場所にとりつけることを覚えておきましょう。いざというときには防犯ブザーを鳴らし、すぐに逃げてください。子供にもぜひそういった教育を行っておきましょう。