通学中でも邪魔にならない防犯グッズの特徴

通勤と通学の時が、一番変質者や盗難に遭う危険性が高いと言われています。やはり、朝よりも夜の方が変質者や盗難が多いと思われます。朝はまだ明るく人も多いですが、夜になるとやはり街灯がない場所は危ないです。そういった時に、きちんと防犯対策ができていると、安心感が違います。自分は大丈夫、そんな変質者には遭わないと思っている人が、一番危険なのです。いざという時、自分の身は自分で守らなければいけないのです。武術をやっていれば別ですが、みんながみんな武術を習得しているわけではありませんので、ここは防犯グッズに頼りましょう。自らが防犯に対して対策することで、意識が変わるので、今まで無意識だった人には絶大の効果を発揮します。子供に対してもそうですが、特に女性は自衛という意識を高く持ち、正しい知識を持って行動しましょう。

通学に役立つ防犯グッズを紹介します

女性にとって一番嫌なのは、やはり通学の時の満員電車ではないでしょうか。通勤や通学の時間は、どうしても重なり、都心に出る人が多い為、どうしても満員電車に乗らざるを得ません。そういった女性や小さなお子さんのためにも、役立つ防犯グッズを紹介したいと思います。まずは一番メジャーな防犯ブザーです。これは結構、小さなお子様だとランドセルのところなどに付けているのを目にします。女性も鞄の中に防犯ブザーを忍ばせている人は多いです。外国では防犯グッズとしてスタンガンを持ち歩く女性もいますが、日本では持ち歩いている人は少ないでしょう。あとは、これも持っている人は少ないでしょうが、催涙スプレーというのもあります。スタンガンや催涙スプレーは本当に持ち歩いている人は少ないとは思いますが、1度でも身の危険を感じた事のある方は、持ち歩いた方がいいかなとは思います。

通学で防犯グッズに頼る前にまずは自分で防ぎましょう

通学で防犯グッズを持ち歩く事は、自衛に繋がるので、持ち歩くのは必要な事だと思います。ですが、そうならないためにはまず、自分の行動で自分の身を守るのも先決です。例えば部活動や塾などで帰りが遅くなってしまった時に、学生の子に限らず、スマートフォンを触りながらだとか、音楽を聴きながら帰る人が多いと思います。こういった行為は、夜道にはかなり不審者から狙われやすいのです。あと、いつもの通学路だからと言って、朝はいいかもしれませんが夜になると街灯が少なく暗い道になるなんてことがあると危ないです。あと、毎日同じ通学ルートなどを通っていると、自分の生活スタイルが相手に読まれてしまいます。こういったことを踏まえ、通学で帰宅の際には特に、携帯や音楽はまず止める。暗い道を歩かない。通学ルートはちょくちょく変えるなど、防犯グッズも持ち歩き、尚、こういった事をすると更に防犯に対して自衛するという事に繋がります。